秋田ふるさと応援団記録・写真集・投稿

「人生の楽園・夢への道」(朝日新聞記事)

秋田内陸線比立内駅スタッフ 大穂耕一郎さんのローカル線活性化に尽力する記事。
 
                                提供:秋田ふるさと応援団の武田夏男団長

第17回東京菅江真澄会 開催のご案内 2012/02/25

秋田県内の名所や史跡、風景、風俗を絵や文章で詳細に記録し、秋田藩領の地誌編纂に取り組む等、秋田県に大きな足跡を残した菅江真澄の学習、そして講演・テノールコンサート、懇親会を開催しま す。 
                                  投稿 日本青年館・常務理事 佐々木計三
日本青年館の案内図

案内(pdf1) 案内(pdf2)

平成24年在京秋田県人新春交歓会 2012/01/19

1月19日(木)「平成24年在京秋田県人新春交歓会」がホテルニューオータニで開催されました。 佐竹敬久知事始め、国会議員、各市町村長、著名人、秋田県出身者の方々が340名程出席しました。
 秋田ふるさと応援団は、年末・年始に行われた高校スポーツ全国大会での活躍の報告と、由利高校・能代工業どちらも3回戦進出して惜敗しましたが、両校を「えがったすグランプリ賞」として表彰しました。

記事

2.20秋田文化会議[シンポジューム]開催のお知らせ

テーマ : 2012年[災害と文化]東北・秋田の新ステージ
  2012年2月20日(月)18時〜20時30分 日本プレスセンター

案内(pdf) 申込ハガキ(pdf)

秋田ふるさと応援団 ニュースレターNo.2 2012/01/19発行

年末・年始全国大会結果報告

「えがったすグランプリ賞」は由利高・能代工

ニュースレターNo.2(pdf)

「ふるさと祭り東京」に行ってきました。 2012/01/13(金) 東京ドーム

ふるさと祭り東京 日本のまつり・故郷の味

記事

「ふるさと祭り東京」のお知らせ ・ 1/7(土)〜1/15(日)

日本の"元気"と"うまい"が集合 (東京ドーム)

秋田関連情報


東京ドームシティ公式サイト 「ふるさと祭り東京 日本のまつり・故郷の味」

小惑星「ナマハゲ」誕生

「 小惑星なまはげ誕生 国際天文学連合に正式登録 」を紹介します。
火星と木星の間で多数発見された小惑星の1つが「ナマハゲ」と命名された。
宇宙関係者の役員が男鹿市の「なまはげせど祭り」に感動して、命名する権利を持つ発見者にはたらき掛け、国際天文学連合に申請していた。なまはげは世界共通の学術名になる。
12月31日午後3時から男鹿市役所前で開く「なまはげ行事」に出席。命名認定書のレプリカを贈呈してナマハゲについて説明した。男鹿渡部市長が受領した。
秋工出身の市会議員:小松穂積、米屋 勝 も参加しました。
                                                記事・写真 船木氏

第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会(1月5日・東京体育館)(1月5日)

秋田ふるさと応援団は、高校バレーボール選手権大会に出場した高校男子秋田県代表雄物川高校チームを応援しました。

写真(一部)


報告

第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会(1月5日・東京体育館)(1月5日)

秋田ふるさと応援団は、高校バレーボール選手権大会に出場した高校女子秋田県代表由利高校チームを応援しました。

写真(一部)


報告

サッカー全国高校選手権第90回大会(12月31日)

サッカー全国高校選手権第90回大会(12月31日・大宮NACKサッカー競技場)

写真(一部)


報告

全国高校ラクビー大会(12月28日)

全国高校ラクビー大会(12月28日・花園ラグビー場)

写真(一部)


報告

第42回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会男子1回戦(12月23日・東京体育館)

第42回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会男子1回戦(12月23日)

写真(一部)


報告

ウインターカップバスケット女子大会・湯沢翔北高校 (12月23日・東京体育館)

第42回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会女子1回戦(12月23日)

写真(一部)


報告

能代工バスケット応援・12月26日 東京体育館

第42回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会男子3回戦(12月26日)

写真(一部)


報告

全国大会出場年末・年始頑張ってけれ!


* いよいよ年末・年始  秋田ふるさと応援団胎動
  以下各試合 1時間前くらいにそれぞれ会場入り口ふるさと応援団のぼりに集まってください。
  まとめてチケットや割引券などありますのでよろしくお願いいたします。
  家族の方や周囲の方にもおこえかけおねがいいたします。
  • 23日 バスケット 東京体育館 千駄ヶ谷前 湯沢翔北高 対 聖カタリナ女高(愛媛)    13時30分開始
  • 24日 バスケット 同上   能代工業 対 西武文理(埼玉)    16時30分開始
  • 25日 駅伝 京都・西京極 花輪高・大曲高 男女 応援は代表派遣。テレビ観戦もどうぞ。
  • 28日 ラクビー 大阪花園  秋田中央高 対 長崎北陽台      13時45分開始
     ナマハゲ含め応援団派遣します。前日深夜バスでいきます。行かれる方れんらくを。
  • 31日 サッカー 大宮公園NACK5球技場 西目高 対 山陽高(広島)12時05分開始
  • 1月5日バレーボール 東京体育館 千駄ヶ谷前 由利高 対 佐賀北13時15分開始
       雄物川高 対 開智高(和歌山)14時35分開始

 以上 参加、応援よろしくお願いいたします。

 秋田ふるさと応援団 
   会長 三平 俊悦
   会長代行 鈴木  猛
   応援団長 武田 夏男
   事務局長 武内  曉

 何かありましたら連絡は武内携帯 090−2173−2591 まで。

「かまくら点灯イベント」のお知らせ ・ 1/13(金)〜15(日)

1/13(金)〜15(日)「かまくら点灯イベント」のお知らせ

秋田魁新報記事 2011/11/30記事

秋高連「23年度フェスタ」でのふるさと応援団の記事

秋田魁記事

秋田ふるさと応援団 ニュースレターNo.1 2011/11/28発行

全国大会出場年末・年始頑張ってけれ!
秋田ふるさと応援団この一年

ニュースレターNo.1(pdf)

映画「里湖」上映会のご案内

八郎潟を題材にしたドキュメンタリー映画「里湖」上映会のご案内
12月17日(土)アルカディア市ヶ谷・県人会文化部主催
 案内をご覧ください。
提供:阿部信男

案内No.1(pdf) 案内No.2(pdf) 案内No.3(pdf)

「白瀬南極探検隊と新酒(飛良泉)に親しむ会」12月10日(土) 於・3331アーツ千代田

 秋田県事務所からのお知らせです。

東日本大震災復興支援チャリティ文化公演」観覧秋田ツアーに参加

ふるさと応援団は、10月7日〜10日に開催された「東日本大震災復興支援チャリティ文化公演」観覧秋田ツアーに参加しました。
   日程
  7日・男鹿観光・男鹿温泉郷(雄山閣 「泊」)
  8日・チャリティ文化公演・秋田温泉さとみ「泊」
  9日・角館〜田沢湖畔〜玉川ダム〜ぶなの森玉川温泉「泊」
  (ふるさと応援団)は、9日〜10日に釜石訪問

記事・写真

写真(一部)

11月3〜6日に開催される秋田関連イベント

  • 11/3   秋の大応援物産フェア(丸ビル1Fマルキューブ)     (pdf 1ページ)
  • 11/3〜6 アンテナショップフェスティバル(南青山会場)     (pdf 2ページ)
  • 11/4〜5 実りのフェスティバル(東京ビッグサイト)       (pdf 1ページ)
  • 11/5〜6 竿燈公演と秋田物産市(浅草寺・ブロードウェイ商店街) (pdf 2ページ)
秋田県東京事務所


秋田ノーザンブレッツ応援 と 釜石シーウエイブス応援

 9月18日(日)秩父宮ラクビー場にトップイーストリーグ・13時より、秋田 ノーザンブレッツ対三菱重工相模原戦と15時より釜石シーウエイブス対クボタ戦応援してきました。(三平会長の応援報告は、写真をクリックしてご覧ください。)

 9月22日スクラム釜石代表 高橋 博行氏からのお礼メール
秋田ふるさと応援団: 三平会長 様
 9月18日は惜しいゲームでした。しかし秋田ふるさと応援団をはじめとした観客の大声援に後押しされ、最後まで選手が一丸となって闘志あふれるプレーを見せてくれたと思います。
特に後半の終了間際も崩れてしまうこともなく逆に押し気味にゲームを進め、クボタのペナルティゴールで「釜石シーウェイブス 8−13 クボタ」となった時は、終了間際の「1トライ、1ゴール」での劇的勝利のお膳立てができたのではないかとさえ思わせるほどでした。
これを契機にまたステップアップし、より逞しいチームに進化してくれるものと確信しております。
引き続き、釜石シーウェイブスへのご支援をよろしくお願いいたします。

「甲子園のなまはげ」(内館牧子氏 9月18日秋田さきがけ記事)

 男鹿の友人からのメール転送します。文化会議世話人が秋田ふるさと応援団世話人!にもなってましたが。これも7・2イベントの影響ですね。(武内)

赤坂アークヒルズ秋祭りと西馬音内盆踊り

18日秩父宮ラクビー場へ!



秋田ふるさと応援団
秋田ゆかりの関係者 各位        9月16日

 いつも急な御案内で申訳ありませんが。応援のお知らせです。
 あの7・2め(前)さえぐど!チャリテイの集いで釜石シ―ウエイブスのみなさんと追悼佐野(細川)正文さんとサポーターに多くの人が参加、今度の10月9-10日釜石訪問も企画しております。
 その釜石シ―ウイブスは今シーズンの公式トップイーストリーグ第一戦は先週11日秩父宮であり47−0で日野自動車に完勝、見事釜石大漁旗とわれらふるさと応援団旗そしてなまはげ檄エールの大合流にみなさん大感激でした。  くしくも11日はあの震災から半年。まささんの追悼にそして釜石、東北への激励になったと高橋マネージャー。秩父宮は燃えました。
 さてこのりーグの私達秋田ノーザンブレッツがいよいよ18日(日)13時秩父宮に対三菱重工戦で登場です。今シーズン初の秩父宮、秋田からも応援バスが来ます。
 またその日第二試合15時からはあの釜石シ―ウエイブスとクボタの大事な試合も。
 秋田ふるさと応援団としては急きょ皆さんにこえかけ応援に二試合ともかけつけようとなりました。
12時45分。或いは2時45分。入口およびバックスタンド応援席によろしくおねがいいたします。
 応援団のメンバーの人は鉢巻、テ―シャツもお忘れなく。なまはげもえぐす。
 また報告ですが、あの10日椿山荘での秋田の食と酒、わらび座芸能の集いはおかげさまで240名の着席満席、秋田県人以外の方が7割近く、大成功でした。県の方も喜んでました。
 10月8日浅利香津代さん秋田チヤリテイー文化公演とツアー。秋田―東京無料往復応援バスもあります。東京からも是非参加を。詳しくは 検索 秋田ふるさと応援団 を見て下さい。申し込みよろしくお願いいたします。
 それではなんとか頼むす。 HP.転送よろしく。

   秋田ふるさと応援団  会長     三平 俊悦
              会長代行   鈴木  猛
              団長     武田 夏男
              事務局長   武内  曉

高田の馬場でラグビーワールドカップ応援




「釜石シーウェイブス応援 2011/09/11 秩父宮ラグビー場

「秋田の食と酒を愉しむ夕べ 」2011/09/10 東京都文京区 椿山荘 

「東日本大震災復興支援チャリティ文化公演』観覧秋田ツアー

秋田ゆかりの皆さん。
 連日の猛暑も台風のあの猛威に吹き飛ばされました。またまた日本列島への自然の怒り、被災に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。
 かねてから浅利香津代さんが呼びかけてました 秋田市で10月8日行われる 大震災復興支援チャりテイ文化公演 の案内で―タを転送させていただきます。
 秋田県内の被災者300名を招待しての1200名の大秋田文化祭となりました。私達も後援とさせていただきました。
この成功の為に首都圏からも応援かけつけ、この間のキーワード"垣根を越えて。秋田を知って、行って、体験してもらうために秋田人以外の人への働きかけを。"と呼びかけあい参加はいかがでしょうか?
 秋田県東京事務所は協力としてこの公演にともなう秋田の元気宿泊応援ツアーとして 無料往復バスも東京からだしていただきました。
多くの皆さんのお声かけ参加よろしくお願いいたします。

 この機会に秋田ふるさと応援団は後半の9日、10日はあの釜石シ―ウエブスラグビー被災地訪問交流も予定してます。また7日の男鹿の地での交流や8日のさとみ旅館での秋田の皆さんとの大合流会などプログラムはいっぱいです。

 別途工程表を参考にして各自選んでいただきたいのですが
      
  • 往復バスなるべく利用
  • 宿泊秋田県内ホテル2泊希望
  • ふるさと応援団は9日朝レンタカーで8人くらい秋田市出発 釜石へ向かいます。帰りは10日13時田沢湖駅帰りのバスに合流します。
  • 申し込みはとりあえず秋田ふるさと応援団でまとめ調整できるところは致しますので、9月20日くらいメドに三平、鈴木、武田、武内、阿部など事務局までご連絡ください。
    それぞれが各自ツアー申込していただいても結構ですが応援団関係のかたは集約がありますのでご一報をおねがいいたします。

 詳細は添付ファイルをごらんください。

 また別件ですが以前お知らせした9月10日1830分開始椿山荘5Fオリオンでの秋田の食と酒をわらび座の東北芸能公演つき着席スタイル秋田料理。160名くらいまでの申し込みは現在ありますがまだ席あります。是非まわりの方へお誘いください。
 又翌11日(日)15時から秩父宮ラクビー場での釜石シ―ウエルズの公式戦対日野自動車。その前日10日15時高田馬場駅前HUB高田馬場でのスクラム釜石(検索)のパブリック戦応援関心のある方ものぞいてください。詳しくは スクラム釜石HPで。

 高校野球本部からはまだ回答ありません。名刺いただいた大会本部のかたへ連絡働きかけてみます。様々の反響があります。

 以上  いくつかよろしくお願いいたします。

今晩18時BSフジ8チャンネル 60分番組 発見日本の旅ウオーク 秋田男鹿半島があります。よろしかったら。録画を。
  
    秋田ふるさと応援団    事務局 武内
       

       

green drinks TOHOKU in Tokyo 「今回は秋田編!」9月16日(金) 赤坂アークヒルズ

秋田の食と酒を愉しむ夕べ 椿山荘 9月10日(土)

〜ふるさと東北、秋田の伝統芸能〜
9月10日(土) 椿山荘
日本海と奥羽山脈に囲まれ、自然、温泉、郷土料理など、四季折々の風士に恵まれた秋田。
その秋田を拠点に国内外で活耀する劇団「わらび座」が、ふるさと東北の復興を願い、東北各地の伝統芸能を披露しに一日眼定でやってきます。
秋田色豊かなお食事、地酒と一緒にお愉しみください。

「なんとして、なまはげ 甲子園だば だめだすか?」

平成23年8月9日に行われた、全国高校野球大会の秋田県代表能代商業高校の試合に秋田ふるさと応援団が、ナマハゲとともに駆けつけましたが、大会本部より、ナマハゲ応援の自粛要請がありました。これに対し秋田ふるさと応援団は要望書を提出しました。
武内 事務局長


要望書

能代商甲子園応援記録写真 (8月16日)

平成23年8月16日に行われた、全国高校野球大会の秋田県代表能代商業高校の試合に秋田ふるさと応援団の写真。
写真:武内事務局長


写真

能代商甲子園応援記 (8月9日)

平成23年8月9日に行われた、全国高校野球大会の秋田県代表能代商業高校の試合に秋田ふるさと応援団が、ナマハゲとともに駆けつけました。
投稿:三平会長


記事・写真

いざ出発。甲子園へ ! (8月16日)

二回目の今年の甲子園いよいよベスト8めざし、横断幕、なまはげ、大会本部への"お手紙"持参で850分の東京駅新幹線で甲子園へ向かいます。
13時開始第三試合能代商業の勇姿に乾杯。
                     前(め)さえぐどぉ!武内

第31回高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会応援(8月12日〜13日)

第31回高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会(マクドナルド・トーナメント)の大田スタジアム球場で、秋田県代表(本荘・新山グリッターズチー ム)が4回戦(準々決勝)で、愛知県代表(守山ボーイズ)と対戦し、惜しくも敗れました。学校関係者・父兄・秋田ふるさと応援団・なまはげ・県事務所・本荘ふるさと会 の皆さんが応援しました。3回戦の写真を見てください。

提供:三平会長

*3回戦 新山グリッターズチー ム(秋田) 9 - 5 丸亀城西軟式野球スポーツ少年団(香川)   (8月12日 大田スタジアム)

甲子園のナマハゲに"退場" (10日の毎日新聞東北版)

第31回全日本学童軟式野球全国大会。新山グリッタ―ズ応援に行こう。(8月12日)

ありがとうございます。第31回全日本学童軟式野球全国大会。初出場の由利本荘市の新山グリッタ―ズスポウツ少年団。  今日も勝利。これで3連勝。

明日13日は準準決勝いよいよベスト8です。
朝9時開始。大田スタジアムモノレール流通センター前下車12分か大森駅東口からバス15分です。

    
 本日は新山グリッタ―ズ9対5の快勝。正式な対戦相手などは 全日本学童軟式野球大会 を検索してください。あるいは主催の東京新聞を。
 今日の秋田ふるさと応援団の団旗はしっかり三平会長、武田団長、阿部、小野さんたち、そして県東京事務所中村主査もエールに応え参加でしたと会長からごきげんの昼乾杯からの電話ありました。
 明日、応援すこし少ないようですのでできましたらみなさんお盆休みの大事な日ですが秋田からの熱き東京での学童の全国大会、由利本荘市の新山小学校の60名の秋田野球パワーにご声援を。
 明日も勝利し次の14日朝8時開始大阪甲子園の能代商業高校へ大エールを送りましょう。
 フレーフレー秋田。前(め)さえぐどお  と。

     秋田ふるさと応援団  武内

高円宮賜杯第31回全日本学童軟式野球大会トーンメント

緊急 夏の応援2つのお願い (8月4日)

秋田ふるさと応援団  各位      2011年8月4日
                   会長     三平  俊悦
                   会長代理代行 鈴木   猛
                   団長     武田  夏男 
                   事務局長  武内   曉
                         緊急・夏の応援 よびかけ

 盛夏・本番だすなあ。ふるさとの夏祭りや旧盆帰省しリフレッシュだすか。秋田はなんとだすか?
この7月、2日のチャリテイの集い、20日からの秋田応援バスツアー、26日文化会議シンポ、29日の慰労会と連日のとりくみお疲れ様でした。

  8月・どうしても以下の2つ、可能な限りできましたら応援おねがいいたします。<秋田ふるさと応援団>の横断幕が待ってるす。あのTシャツ、はちまきで----------.. 

甲子園、神宮ともなまはげ二匹参加します

(1). 8月9日(火) 夏の甲子園・出場 能代商業  対神村学園(鹿児島) 試合開始10時30分 集合大阪甲子園球場入口10時
なんとか甲子園13連敗を阻止しましょう。

(2). 8月10日(水) 第31回全日本学童軟式野球大会・出場 新山グリッタ―ズ野球スポーツ少年団(由利本荘市)対西諫早少年野球団(長崎)御苑前神宮球場 試合開始15時 集合14時30分
 詳しい呼びかけは以下武田団長の案内をご参考に。

 以上よろしくおねがいいたします。 それぞれ参加者は三平会長か武内までおねがいいたします。予約なしでももちろん現地で。 

Subject: 第31回全日本学童軟式野球大会の件

> 掲題の大会は31回目ですが、会場は持ち回りの様です。今年は東京都内が会場となります。今年の
> 秋田県代表は由利本荘市の「新山グリッターズ野球スポーツ少年団」です。
>  1回戦 8/10(水) 明治神宮野球場 第3試合 15:00 対 長崎県代表
>
> ふるさと応援団で応援に行きましょう。また、私武田の出身地の小学校であり、応援よろしくとお願いするものです。
本荘高校同窓会の池田監事に連絡済みです。なお当日、長谷部誠由利本荘市長(秋田高校剣道部OB)も応援に駆け付ける予定だそう
です。以上周知方宜しく願います。 団長 武田 > > >

ふるさと応援バス旅行 (平成23年7月20日〜22日)


記事・写真

「秋田文化会議」 首都圏の集い

2011年7月26日(火)18時30分 日本プレスセンター9F にて
シンポジウム「大震災から新東北をどうする」

案内

チャリティ打ち上げのご案内

下記にてチャリティ打ち上げを開催します。

           記

  1. 日時 7月29日(金) 18時〜20時
  2. 場所 居酒屋 魚一丁 (うおや一丁)
    銀座一丁目(中央通り高速道路下) Tel. 03-3564-2555
    JR有楽町-徒歩8分
    地下鉄有楽町線「銀座1丁目」7番出口 1分
    地下鉄銀座線 「京橋」1番出口 3分
  3. 会費 3,000円
    参加される方は7月20日迄にメール願います・
    メール: chi-bi-1123-fuyo@khc.biglobe.ne.jp

「3.11東北・東日本大地震チャリティの集い」開催されました。

7月2日(土)日本青年会館国際ホールにて「3.11東北・東日本大地震チャリティの集い」を開催しました。
 チャリティに賛同していただいた多くの皆様に心から御礼申し上げます。

当日の記録はこちらから

秋田中学第一回大会準優勝までの足取りの記録

高校野球秋田予選の組み合わせも決まり、熱い夏がスタート します。私の友人(秋田高校OBではありません)が、秋田中学第一回大会準優勝までの足取りを記録とエピソードを交えて纏めてくれました。労作ですので、できれば HPにも掲載していただければと思い送付致します。


秋田中学第一回大会準優勝までの足取り(pdf)
投稿:秋田高校44年卒老松氏

緊急秋田宣言 ふるさと応援ツアー!(みんなしてぇ!)

緊急バスツアー募集:第一回 7月13日(水)から7月15日(金)、第二回 7月20日(水)から7月22日(金)

7月2日チャリティ 秋田魁新報の記事 (7月3日版)

7月2日チャリティ 読売新聞秋田版の記事 (7月3日版)

「ニッポンの笑顔」秋田から・なまはげが始球式 2011/06/26

プロ野球ヤクルトー横浜戦が行われた平成23年6月26日(土)の神宮球場で秋田県の観光や物産をPRする「東北・秋田デー」が行われた。
 堀井啓一副知事とJA秋田中央会の木村会長、ミスあきたこまちが両球団の選手に花束や県産米を贈呈した。 なまはげがマウンドに立ち始球式を行いスタンドを沸かせた。
 バックスクリーンに秋田をPRする映像が流れ、観客には抽選で県産米、日本酒、稲庭うどん等がプレゼントされた。
 竿燈の展示やB級グルメ横手焼きそばやババヘラアイス、秋田物産品を販売する会場入り口付近では 前日に登板して5勝目を挙げた石川雅規投手(秋商出身)も姿を見せ、売り込みの手伝いや 記念撮影に応じ、大勢のファンたちが詰めかけた。
「秋田ふるさと応援団」武内事務局長、和田副会長ほか数名がのぼりを持ったりチラシ配り、 大声で売り込みの手伝いを行った。  

寄稿 当会事務局 阿部信男

神宮球場「東北・秋田デー」秋田魁新報の記事 2011/06/26

*武内さんの友人からのメールです。

男鹿は雨朝のだし、今朝のさきがけ新聞に、昨日神宮球場での、東北秋田デー、の記事載っております。
始球式のなまはげ暁さんでねべが、皆さんの首都圏の活動で秋田、東北はかならじいぐなるど思う、秋田県民の一人としてありがとさん、、新聞見て男鹿、秋田の人も喜んでるべ、次のイベントも、がんばってけれ。
 へぇば。

7月2日チャリティ スポニチの記事

Sponichi Annex

7月2日チャリティ 秋田魁新報の記事

「3.11東北・東日本大震災チャリティの集い」プレス発表(永田町秋田県東京事務所) 2011/06/21


2011/06/21 秋田県東京事務所に於いて、7月2日開催予定の「3.11東北・東日本大震災チャリティの集い」について発表がありました。 スポニチ、サンケイ、読売新聞、秋田魁新報の記者の方々に、今回のチャリティの趣旨や内容について、三平会長、事務局長武内氏から説明がありました。賛同いただいた秋田県関連の有名人から寄付された色紙やオークション出品物、秋田県地元からの寄付された品物なども紹介しました。
また当日はUSTREAMで、ネット配信も予定されていることを紹介しました。

第57回秋田県高校総合体育大会 2011/05/23 -- 06/07


優勝校一覧(pdf)
提供:団長 武田 夏男 氏

秋田魁新報記事 「スポーツ観光」2011/06/06

提供:三平会長

毎日新聞記事 2011/05/26


特集ワイド:往年の製鉄所とラグビーの街・釜石を歩いた



釜石市浜町で津波の爪痕を見つめる和田透さん

◇地域の強い結束力、新たな奇跡に


 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県釜石市。釜石といえば多くの人が、日本最古の製鉄所と、新日鉄釜石ラグビー部の日本選手権7連覇(1978〜84年度)を思い出すのではないか。製鉄業が縮小していく中での「北の鉄人」の7連覇はまるで奇跡のようだった。あの大津波から2カ月、釜石に新たな「奇跡」を訪ねた。【江畑佳明】

◇日本選手権「7連覇」の底力/小中学生の大半が無事、の事実/背景には家族同士の信頼関係


 ザクザク、ザク。歩を進めるたびに、ガラスの破片を踏む音が足元で小さく響いた。釜石市の中心街のひとつ、浜町(はまちょう)。海に面した魚市場にほど近く、住宅や商店、飲食店が混在する。潮風と何かがさびついたようなにおいがし、崩れた建物からは布団や教科書、それに遺影も見えた。おそらく長年家族を見守ってきた写真なのだろう。あちこちに赤い旗が立てられている。聞けば居住者の「壊れた家財を撤去してもよい」の意思表示という。

 釜石市では、人口約4万人のうち死者は848人、行方不明は468人に上る(23日現在)。身元不明の遺体も130以上。そんななか「奇跡」のような事実がある。市内の小中学校の児童・生徒約3000人のうち亡くなったのは5人で、大半が無事だったのだ。市は数年前から防災教育に力を注いでいたそうだが、教育だけでこれほど効果が上がるものなのだろうか。

 その背景を知りたくて、釜石小学校(児童140人)に加藤孔子(こうこ)校長(53)を訪ねた。現在も約70人が避難生活を送っている同小は高台にあり、浜町も同小の学区内。校庭には災害対策用の車両が並び、玄関口には水やお菓子など支援物資が置かれていた。

 地震発生時、児童の大半が下校していたが、全員が無事だった。児童の自宅の半数以上が全半壊、浸水の被害を受けた中でのことだった。加藤校長は校長室で「全員の安否確認までに2日かかり、気が気ではありませんでした」と振り返り、子供たちから聞いた話を教えてくれた。

 夫婦共働きのある母親は、子供とこう約束していた。「昼間に津波が来たら、屋上に逃げるのよ」。住まいは3階建てマンションの1階。地震直後、小6と小2の兄弟が外に出ようとすると津波の高さが50センチもあった。屋上まで逃げたが、屋上にも津波は押し寄せ、手すりにしがみついて耐えた。ずぶぬれになったため干してあった洗濯物を巻きつけて寒さをしのいだ。

 また釜石小の教員は、同小1年の息子の安否が不明だった。息子は自分で裁判所に避難していた。「校長先生の『津波が来たらてんでんこだよ』の話を覚えてた。待っていればお母さんが来ると信じてたよ」と話したという。

 釜石市は数年前から、群馬大広域首都圏防災研究センターの片田敏孝センター長とともに防災教育の手引を作るなど意識浸透に取り組んできた。片田センター長の教えは「(予想される津波の高さなど)想定に縛られるな」「率先避難者となれ」などユニークなもの。同小では防災避難マップを作り、親子で一緒に帰宅して危険箇所や避難所を確認する訓練をたびたび行ってきた。

 加藤校長は「先生が危機感を持って教育し、子供と親がきっちり受け止めた。各町内会も避難訓練に協力し、津波のときも『逃げろ!』と大声で呼びかけてくれました」と振り返る。

  ■


日本選手権で優勝し、地元商店会の若者に肩車されて釜石市内を練り歩く新日鉄釜石ラグビー部のメンバー=1984年1月

 釜石で会ってみたかった人がいる。かつてラグビー部の主力選手として連覇を支えた佐野正文さんだ。だが佐野さんは、津波で命を失っていた。63歳。自宅はこの浜町にあり、妻と義母も亡くなった。

 佐野さんは秋田県出身。高校卒業後に新日鉄の前身、富士製鉄に入社し、FW(フォワード)で活躍。最近は釜石市ラグビー協会会長としてラグビー普及活動に取り組んでいた。

 佐野さんの2年後輩で主将経験のある和田透さん(61)と浜町を歩き、話を聞いた。

 「本音はあまりここに来たくないんだよね」と和田さんは視線を落とした。「家族ぐるみの付き合いだったけど、こんなに街が変わると、家がどこかわからない」と足を止めた。

 和田さんが入部した68年当時、まだ全国制覇の力はなく、釜石ラグビーのスタイルを確立しようと模索していた時期だった。朝から夕方まで工場で働き、練習は日が沈んでから。冬は寒さでグラウンドが硬く凍っていた。

 「佐野さんは練習や試合では厳格だったが、面倒見のいい先輩だった。部には釜石をはじめ、東北出身者が多かった。東北の人は我慢強く粘りがあるから、過酷なラグビーに向いているのでしょうね」。東京出身の松尾雄治さんらスター選手の活躍が有名だが、東北出身勢の支えなしには7連覇は難しかったろう。

 ラグビー部は01年、会社の合理化を理由に現在のクラブチーム「釜石シーウェイブス」に移行。和田さんは「7連覇した当時、すでに製鉄業は斜陽で、釜石には暗い雰囲気が漂っていた」と振り返る。だが、奇跡のような7連覇に街はわき返った。「我々は釜石の人たちの不安を少しは打ち消せたと思う。今回もシーウェイブスがその役割を担ってほしい」と期待する。

  ■

 二つの“奇跡”を生んだ釜石。何か、底力のようなものを感じる。防災指導を手がけた片田センター長に聞いてみた。

 「隣接する釜石東中と鵜住居(うのすまい)小では、学校が大津波に襲われました。学校にいた生徒・児童は先生と一斉に避難して無事でした。これが『奇跡だ』と報道されていますが、釜石小では下校後に子どもたちがそれぞれ判断して逃げた。これにも大きな意味があります」

 どういうことだろう。

 「『てんでんこ』は、ただてんでバラバラに逃げろ、の意味だけではない。家族同士が普段から災害時の行動を話し、信じ合っていなければできないんです。家族の安否が気になり捜しに行けば、津波にさらわれてしまう」

 さらに「防災教育を始めた当初は『てんでんこ』も知らない先生もいて、熱心とはいえなかった。でもいったん必要だと認識すると、地域を挙げて取り組む結束の強さが残っており、実行力もある」と釜石を称賛した。

 町を見渡せば、廃材が果てしなく続くように見え、支援物資の配給に並ぶ人もまだ多い。軽々しく「復興」という言葉は使えない。

 明治、昭和の大津波を経験し、太平洋戦争末期の艦砲射撃で大打撃を受けた釜石。今回もまた、復興という奇跡を起こせるのではないか−−そう信じたい。

==============
毎日新聞 2011年5月26日 東京夕刊

2010年度秋田県高校総体連覇賞

昨年の秋田県高校総体で連覇賞を受賞した団体は次の通り(丸数字は前回までの連覇回数)
バスケットボール男子=能代工㊺ 
バレーボール男子=雄物川N
重量挙げ=金足農N 
フェンシング女子=聖霊M
ホッケー=羽後K 
駅伝男子=秋田工K 
テニス女子=聖霊H
スキー男子=鷹巣農林G
新体操女子=秋田北D
ハンドボール男子=湯沢D
水泳男子=秋田商D
バトミントン男子=秋田工C
相撲=金足農C
レスリング=秋田商C
駅伝女子=大曲C
バスケットボール女子=湯沢北B
ハンドボール女子=大曲農B
少林寺拳法女子=秋田B
情報提供:阿部信男 氏

秋田ふるさと応援団チャリテイ準備会 2011/05/05, 05/16

7月2日のチャリテー準備会が2011/05/05 と 05/16に開催されました。

第1回 運営委員会  議事録(2011/04/15)


                                     2011.4.21

  秋田ふるさと応援団   第1回 運営委員会  議事録

 1.出席者   秋田工  (三平、赤川)  秋田商(武田、阿部) 金足農(山本、門間)
       能代工(鈴木、大渕)秋田中央高(保坂) 秋田高(佐藤、武内) 若杉国体(伊藤)
       雄物川高(近江) (敬称略)

 2.日時      2011.4.15  15:30〜16:45
 3.場所      秋田市東京事務所(日本都市センター)

 4.議事・確認事項 議長 三平、 議事進行 武内
   (1)報告事項     
     三平会長から今までの経過を報告、3月春の甲子園に初出場した大館鳳鳴
    への現地応援について披露があった。ふるさと応援団の「幟」は大会事務局
    から広告なので認められず、応援横断幕がよさそうなので要検討

   (2)運営委員会の体制、連絡網について
      @副会長(案)    参加各校からを推薦してもらう(早急に案内文を発送する)
       佐々木(秋工)、鈴木(能工)、和田(秋商)、武田(秋商)、佐藤(秋高)、高田(雄物川)
       門間(金農)
       他に湯沢北、横手、花輪、和洋、大館鳳鳴、明桜、秋田北、若杉国体、
       なまはげ倶楽部なども検討中
      A運営委員  ホームページ「秋田ふるさと応援団」
       「東京秋工会」からアクセスし各校のHPリンクをお願いする
       単独の索引「秋田ふるさと応援団」を目指す
       窓口は赤川(秋工)、記事は会長、事務局長を介して載せ、会員は通信員
      B事務局・会計
       武内事務局長(秋高)、スタッフ 阿部(秋商)、畑澤(秋商)、大渕(能工)
      C会員登録
       応援団の会員を広げる
      D連絡ルート
       役員・運営委員の住所、氏名、TEL,FAXをメールアドレスに登録
       ホームページ

   (3)事業計画
    首都圏にて開催される各種スポーツ行事の応援を主体に行動する
      @夏  甲子園、インターハイ

      A秋  国体、神宮大会(高校野球)

      B年末・年始  サッカー・ラグビー、バスケット、バレーなどの全国大会
 
      C春   各競技の選抜大会

      D其の他  東日本大震災の支援に点いては別途企画する 

   (4)応援団グッズ、応援の方法
      @出場校の校歌、エールの交換の後に「県民歌」を歌うのは如何
      A応援エールのバックに楽器による演奏(横手高校OBなども)
      B幟、メガホン、横断幕(横幕 出場校名を入れる空スペース確保)  順次準備
      Cハチマキ(色は統一  県の色?)
      D名刺(県から台紙支給在り、デザインなどの素案検討)
     以上、事業計画の立案やグッズなどの支出予算から全体の予算化を図る
   (5)東日本大震災の支援
     支援金を集めるために「東日本大震災チャリテーの集い」を開催する

      @日時   7月2日(土)  14時から17時
      A場所   日本青年館ホテル  国際ホール  03−3401−0101
      B会費   @5,500円
      Cチャリテー
       ア)ミニコンサート  「横手ヒーローズ」「大いなる秋田吹奏楽メンバーズ」など予定
         参加者の規模は130人を目標とする
       イ)パネル展示など  大震災で亡くなった元釜石のラグビー選手、佐野氏の記録
         佐野氏は秋工出身(S40年卒、2年時花園優勝、男鹿北浦中)
         釜石の7連覇の時の選手、釜石ラグビー協会長
       ウ)秋田出身のアスリートに声を掛けて供出品を提供してもらう
         ヤクルトの石川投手、バスケットの田臥選手とか
         供出品はサイン色紙、Tシャツ、帽子、ビデオレターなどなど
         アスリートの出身校が働きかける
       エ)著名人の色紙、メッセージ、著書などのオークション  売り上げは義捐金とする
       オ)秋田銘酒の利き酒大会
       カ)参加各校の校歌歌合戦

   (6)協賛基金
     活動報告を広報し、賛助広告を募る
       
   (7)其の他  

     次回運営委開催日時   5月16日(月) 16時から 場所は秋田県事務所予定
      @議題は広報、賛助方法、基金、会費など
      A県のイメージアップ戦略についての提案・要望

     大震災チャリテーの供出品などについては次回までに下交渉を各校が行い
     その状況報告をお願いする(次回打合せからでは当日に間に合わない)
                                     (武内記)
                            以上

              

第83回選抜高校野球大会2日目第一試合9時開始の 大館鳳鳴 対 天理(2011/03/24)

秋田ふるさと応援団甲子園観戦記                              三平 俊悦

3月24日、第83回選抜高校野球大会2日目第一試合9時開始の 大館鳳鳴 対 天理(奈良)対戦に、秋田ふるさと応援団代表として、応援してきました。
寒い朝にもかかわらず、早くから大館鳳鳴、近畿秋田県人会の皆様が受付しておりました。学校関係者OB、OGそれぞれ、同窓、同期の方々が懐かしく会話しておりました。
東日本大震災の被災地区、被災者の皆さまの一刻も早い復興、回復の願い込めて、「がんばろう日本」のスローガンを掲げた今大会は、球場いたるところにも、「がんばろう日本」の看板が掲げてありました。

アルプススタンドは大応援団で埋め尽くされました。地元関西天理の応援人数の倍以上で初出場として関心が高かったようです。地元兵庫県篠山鳳鳴高校とは、お互い野球を通して、10年前から友好提携校として、毎年交流しており、両校とも創立110年越えた伝統ある進学校です。篠山鳳鳴野球部員、生徒、同窓会会長ら約200名程応援にかけつけました。篠山鳳鳴、片山則昭校長自ら先頭して応援していただきました。秋田大館からは、生徒、OB,OG,父兄関係者達が飛行機、バス、列車、で大勢かけつけ、近畿秋田県人会(約50名秋工、菅関西幹事長、塩月さんが参加しました)と共に大応援しました。
特に全日本リトル野球協会、秋田県支部、大館リトルシニア監督 奥村渉氏の自慢のリトル教え子が選手として、背番号3番(小貫)4番(佐久間)5番(佐々木)8番(佐藤)14番ピンチヒッターで出場(冨樫)クリーンアップとして攻守共に出場しました。リトルチームの子供全員を連れてきて、大声援で応援させておりました。将来子供達にとって、良い経験と目標になったことと思います。奥村氏には秋田の高校野球発展のために、ご尽力していただきたくお願いしました。

 地元関西の天理に負けないアルプス席の大応援は、選手ナインに届いて励みになり勇気になった事でしょう。
試合は魔の3回を除いて互角以上の戦いでした。チャンスは何度もありクリーンヒットが出なくて残念でしたが、持てる力を振り絞って強豪・天理に最後まで食らいついて、頑張ったと思います。やはり、冬の雪での練習や練習試合等の不足が否めません。ハンディを乗り越える工夫が必要です。夏の大会は各校切磋琢磨して県代表となり、甲子園でまずは念願の1勝を期待したいと思います。

 私は、昭和43年〜53年の間阪神の西宮の会社に関西勤務しており、サボって夏の甲子園高校野球大会に秋田県代表試合の応援に行きました(会社内緒)。改装された球場は屋根(陣笠)が大きくなり、観客席も広くなり球場全体が、ひとまわり大きくなった感じがしました。30数年前の若い頃を思い出し、懐かしさと時間の過ぎるのが早いなと感じております。

 会社の同期生で篠山鳳鳴高校出身の畑君と友好応援を機会に、久しぶりに阪神間にいる同期生6名と試合前日に梅田と北新地で旧交を温め懐旧談に花を咲かせて痛飲し、二日酔いで応援しました。懐かしく楽しい甲子園でした。

 これからも、秋田ふるさとの文化、芸能、スボーツ等、を応援して、秋田活性化の一助なればと思い、頑張りますので、皆様方から賛同とご支援、ご協力お願い申し上げます。
                               以上

三平俊悦

応援写真のスライドはこちら

秋田ノーザンハッピネツツは代々木体育館 2011/03/09

昨夜7時過ぎから始まったプロバスケット男子BJリーグ秋田ノーザンハッピネツツは見事再延長の激戦の末最後2、5秒で100対98で勝利。秋田から応援に駆け付たみなさんや首都圏の応援団など100名近くの皆さん抱き合って喜びあいました。秋田県民歌を歌い、へばぁえくどぉ!オール秋田ののぼり旗も初登場。歓喜のウェーブに走り回ってもいました。 相手は強豪東京アパッチ。外資系の金髪チアガール10名の乱舞のエネルギーも我が秋田陣は見事吸収。秋田弁応援で飲み込みました。 42得点の大活躍のセツク・ヘンリ−や能代工業出身の長谷川、菊地選手らも大活躍。会場の原宿、代々木第2体育館は2000名近くの観衆。秋田の力に驚き声援を送ってました。今期の東京での試合は今夜の第二戦が最後。是非、生の迫力の手に汗握るプロバスケットと郷土秋田への応援に駆け付けてください。よろしくお願いいたします。若き青年地域起こし秋田の水野勇気社長も喜び握手し、応援を是非と呼びかけてました。 今日(10日)夕方7時15分開始です。お待ちしてます。武内 (2011/03/10)

応援団準備会 (新宿音羽亭) 2011/03/05

平成23年3月5日(土)に秋田ふるさと応援団準備会が開催されました。 参加者の皆さんで、会の運営について意見交換いたしました。人事は会長 三平俊悦(秋田工)、副会長 参加校から1名 、事務局長 武内暁(秋田高)、補佐 能代工業、会計 阿部信男(秋商)、応援団長 武田夏男(秋商)に決まりました。 今後、各校に参加を呼びかけ一校から4〜5名程度登録していただいて、 応援団を結成する。役員、運営委員は参加校確定してから、決定する。

三平会長

鹿角冬季国体記念イベントで「フレー、フレー、秋田」 2011/01/09

平成23年1月9日(日)東京目白の椿山荘で「あきた鹿角国体2011」の記念イベント開催。
主催は鹿角地域振興局、鹿角市、小坂町でプロ野球ヤクルト球団のエース石川雅規投手(高49期)と 佐竹秋田県知事のトークショーや、レセプションで「花話ばやし」の実演、そして特産品がたくさん当たる抽選会がありました。
「秋田ふるさと応援団」武田夏男団長ほか約10名が ”へばぁ!えぐどぉ!みんなしてぇ!!」の のぼりを持って壇上に、佐竹知事も加わって 「フレー、フレー、秋田」の大合唱で会場を盛り上げました。

提供:阿部 信男 (秋田商)氏

雄物川高・和洋女子バレー 第63回全日本バレーボール高校選手権大会 東京体育館 2011/01/5,6

秋田工 第90回全国高校ラグビー大会1回戦 東大阪市近鉄花園ラグビー場 2010/12/30

能代工業・湯沢北バスケット 第41回全国高校選抜優勝大会・東京体育館 2010/12/23,25

秋田ふるさと応援団発足