戻る

秋田ふるさと応援団記録・投稿記事・写真

第59回秋田県高等学校総合体育大会 各種目 団体競技優勝校

平成25年6月


  球技
   卓球
     男子 秋田商 (2年連続44度目)
     女子 秋田商 (3年連続8度目)
   バトミントン
     男子 秋田  (3年連続6度目)
     女子 秋田  (初)
   バスケット
     男子 能代工 (45年連続50度目)
     女子 湯沢翔北 (3年連続13度目)
   バレーボール
     男子 雄物川 (19年連続19度目)
     女子 由利  (2年ぶり31度目)
   サッカー
     男子 秋田南 (初)
     女子 明桜  (初)
   ラグビ―
     男子 秋田工 (2年連続40度目)
   ソフトテニス
     男子 能代松陽(4年ぶり4度目)
     女子 秋田北 (29年ぶり7度目)
   テニス
     男子 秋田工 (3年連続17度目)
     女子 聖霊  (13年連蔵21度目)
   ハンドボール
     男子 羽後  (9年ぶり10度目)
     女子 大曲農 (2年ぶり29度目)
   ソフトボール
     男子 明桜  (2年連続12度目)
     女子 能代松陽(2年ぶり2度目)

  武道・格闘技
   剣道
     男子 秋田南 (4年ぶり18度目)
     女子 秋田南 (2年連続2度目)
   柔道
     男子 秋田  (2年連続13度目)
     女子 秋田商 (4年ぶり4度目)
   レスリング
     男子 秋田商 (8年連続31度目)
   空手道 (団体組手)
     男子 秋田工 (2年連続3度目)
     女子 能代松陽(3年連続8度目)
   少林寺拳法
     男子総合 秋田(初)
     女子総合 秋田工 (3年連続3度目)
   ボクシング
     学校対抗 西目(2年連続13度目)
   相撲
     男子 秋田北鷹(10年ぶり7度目)
   弓道
     男子 本荘  (14年ぶり14度目)
     女子 新屋  (5年ぶり7度目)
   なぎなた
     女子 大曲農 (2年ぶり6度目)

  その他の競技
   フエンシング
     男子 横手  (19年ぶり2度目)
     女子 聖霊  (18年連続32度目)
   重量挙
     男子学校対抗
     金足農    (19年連続24度目)
   体操
     団体総合
     男子 能代  (3年連続34度目)
     女子 能代松陽(10年連続33度目)
   新体操
     女子団体 秋田北(9年連続49度目)
   自転車
    男子学校対抗
     大曲農    (5年ぶり40度目)
   登山
     男子 大曲  (3年ぶり15度目)
     女子 横手(初)
   陸上競技 学校対抗総合点
     男子 横手清陵(2年連続3度目)
     女子 花輪  (6年連続12度目)
   ボート
    カジ付き4人スカル
     男子 本荘  (5年連続10度目)
     女子 本荘  (6年連続11度目)
   アーチエリー
     男子個人 秋田南 (一校のみの出場で
     女子個人 秋田南  団体戦なし)
   水泳
     男子総合 秋田商(9年連続14度目)
     女子総合 秋田北(11年ぶり7度目)


「平成25年度全国高等学校総合体育大会 25.7/28〜8/20(2013未来をつなぐ北部九州総体・大分・福岡・佐賀・長崎)での秋田県選手の活躍を祈ります。」
                            25.6.24
                                         秋田ふるさと応援団
                                           会長 三平俊悦
                                           団長 武田夏男


秋田ふるさと応援団ニュースレター No.5


「応援たのむす おらほの秋田」 スポーツ・文化で秋田の息吹を首都圏へ (2013年6月20日発行)

ニュースレター No.5 ページ 1 (pdf) 

ニュースレター No.5 ページ 2 (pdf) 

菅江真澄とナマハゲ 

7.13講演とフォーラムの集いのお知らせ

投稿: 武内 暁

動画配信はこちら





秋田竿燈まつり&産直市 in 浅草開催 !! 

皆さま
ご都合のよい方は浅草へ竿灯まつりを見にお出かけください。

秋田竿燈まつり&産直市in浅草を、5月25日(土)〜26日(日)の2日間、浅草寺境内と 近隣の商店街で開催致します。
秋田竿燈まつり&産直市in浅草には、在京秋田市内高校同窓会と新屋郷土会で構成する、けやき会の役員・運営委員がボランティアでお手伝いしております。
是非、お出掛けください。

◎竿燈の演技は1回20分程度。下記の時間に行います。(演技終了後 写真撮影サービス有り)
穂積秋田市長も25日は上京して竿燈まつりに参加して盛り上げます。

◎25日(土)               ◎26日(日)
13:00〜 浅草寺五重塔前広場      11:00〜 浅草寺五重塔前広場
13:40〜 花やしき通り商店街      11:40〜 花しき通り商店街
14:00〜 西参道商店街         12:00〜 西参道商店街
16:00〜 浅草寺五重塔前広場      12:20〜 奥山おまいりまち商店街中央
16:35〜 奥山おまいりまち奥山門前   12:40〜 六区ブロードウェイROX前
17:00〜 六区ブロードウェイROX前
18:30〜 オレンジ通り
19:00〜 オレンジ通り

◎産直市会場◎ 六区ブロードウェイ商店街(25・26日 両日とも10:00〜17:00)       

阿部信男


くまのたいらニュース・ツアーのご案内 (くまのたいら村広報係) 

白神・森吉の今年のツアー
 プロの山岳ガイド・後藤千春さんと行く白神、森吉のツアーの参加者を募集し ています。
 6月16日(日)〜17日(月)は、白神山地(藤里町からブナ林散策)と森吉山(ゴンドラ利用で山頂往復)の1泊2日のツアーです。東能代駅集合、阿仁合駅解散で、31,800円。締め切り6月9日で、5名〜8名の募集ですが、まだお一人だけの申し込みです。
 6月29日(土)〜30日(日)は、田沢湖、安の滝、森吉山の1泊2日で、お値段は同じ31,800円です。こちらはまだお申し込みがありません。締め切りは、6月15日です。
 ガイドと一緒のツアーは、旅の楽しさが倍加します。この機会に、いかがでしょうか。どちらも、初級の方から参加できます。
 案内を添付しました。メーリングリストのために届かない方で、案内を読んでいただける方は、ご連絡ください。

紹介: 三平 会長


新緑の世界遺産白神山地と花の森吉山(pdf)

田沢湖周遊から伝説の滝と花の森吉山(pdf)

「秋田産の米粉やはたはた」を使用したパンを販売---中野区のパン屋さん


2013年5月末まで中野区のパン屋さんで秋田フエアー開催
 場所は  PINの店(パンの店)  中野区中央5−1−2 рO3−3381−0201
 協力は  秋田県東京事務所
 後援は  とうきょう米粉ネットワーク

  秋田県出身の人は申し出れば10%引きです。

 阿部信男


「海フェスタおが・海の祭典2013in秋田」の紹介

秋田の応援のために、ぜひ北緯40度に舵を取って、男鹿を訪問し「海フェスタ」に 参加していただきたと思います。内容は盛りだくさんです。

●海フェスタとは
「海フェスタ」とは、「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」という「海の日」本来の意義を再認識するため の行事として、毎年、全国の主要港湾都市で「海の日」を中心に約2週間、海に関する様々なイベントが開催されて おります。
このイベントは、昭和61年から「海の祭典」として行われており、平成15年から「海の日」が7月の第3月曜日となり 3連休化されたことを契機として、同年から「海フェスタ」と名称を改めて開催されております。
「海フェスタ」では例年、皇族からのご臨席を賜る記念式典及び祝賀会をはじめさまざまなイベントが開催されます。

●海フェスタおがについて
海フェスタおがは、「なまはげ」、「竿燈まつり」、「統人行事」に代表される独特な地域の文化、豊かな海産物、広大な 干拓地から収穫される米、日本一の生産量を誇るじゅんさい等安心安全で多様な農産物などの地域の特色ある 資源を生かしながら、海を通じた交流の歴史を育み、美しい海と海洋文化を後世に引き継ぐとともに、豊かな環境 づくり、質の高い観光の提供等により地域の活性化を図ることをコンセプトとしています。

●過去の開催地

開催年 開催都市名称・期間
平成15年 (第1回) 兵庫県(神戸) 海フェスタKOBE〜海の祭典2003〜 7/19(土)〜26(土)8日間/海の日:7/21(月)
平成16年 (第2回) 福岡県(福岡) 海フェスタふくおか〜海の祭典2004博多港〜 7/17(土)〜25(日)9日間/海の日:7/19(月)
平成17年 (第3回) 沖縄県(那覇) 海フェスタおきなわ〜海の祭典2005〜 7/16(土)〜24(日)9日間/海の日:7/18(月)
平成18年 (第4回) 富山県(富山) 海フェスタとやま〜海の祭典2006〜 7/15(土)〜23(日)9日間/海の日:7/17(月)
平成19年 (第5回) 愛知県(名古屋) 海フェスタなごや〜海の祭典2007〜 7/14(土)〜22(日)9日間/海の日:7/16(月)
平成20年 (第6回) 岩手県(大船渡・陸前高田・釜石・住田・大槌) 海フェスタいわて〜海の祭典2008三陸〜 7/19(土)〜27(日)9日間/海の日:7/21(月)
平成21年 (第7回) 神奈川県(横浜) 海フェスタよこはま 7/18(土)〜26(日)9日間/海の日:7/20(月)
平成22年 (第8回) 長崎県(長崎・五島・新上五島) 海フェスタながさき〜海の祭典2010長崎・五島列島〜 7/17(土)〜8月1(日)16日間/海の日:7/19(月)
平成24年 (第9回) 広島県(尾道・福山・三原) 海フェスタおのみち〜海の祭典2012尾道・福山・三原〜 7/14(土)〜29(日)16日間/海の日:7/16(月)



●「海フェスタおが・海の祭典2013in秋田」開催5市町村の概要
男鹿市
 男鹿半島は、秋田県臨海部のほぼ中央に位置し、面積約240平方km、人口約3万1千人です。日本海に突き出た男鹿半島の大部分を占めていて、国内では男鹿半島のみに存在する一ノ目潟などの爆裂火口湖、日本海の荒波が作り出した奇岩怪岩や洞窟が連なり、山と海が織り成す風景美はまさに絶景で、毎年200万人以上の観光客が訪れる東北有数の観光地となっています。

秋田市
 秋田県の沿岸中央に位置し、面積約906平方km、人口約32万3千人の県都となっています。秋田市の開発は、8世紀の秋田城築城にさかのぼり、土崎地区の土崎湊は中世以降、三津七湊の一つとして全国有数の港町としてにぎわい、江戸時代にも北前船の寄港地として繁栄してきました。現在の秋田市は、秋田県の人口の約3割、県内総生産の3分の1を占め、県内及び北東北の拠点中核市となっています。

潟上市
 秋田市の北に位置し、面積約98平方km、人口約3万4千人です。秋田自動車道、日本海沿岸東北自動車道等の高速交通体系が整備され、また、秋田空港から車で30分の距離にあるなど、県都秋田市に隣接したベッドタウンという都市的な特性と広大な田園風景に代表される豊かな自然環境を持っています。

三種町
 秋田県の北西部に位置し、面積約248平方km、人口約1万9千人です。基幹産業は農業であり、稲作が主体となっております。山本地区の「じゅんさい」、琴丘地区の「梅」、八竜地区の「メロン」などの栽培が盛んです。

大潟村
 男鹿市の東に位置し、面積約170平方km、人口約3千人です。昭和39年、日本で2番目に大きい湖であった八郎潟を干拓して誕生した村です。基幹産業は農業で、「食糧生産基地」としての役割を担ってきており、現在は、環境に配慮した農産物の生産はもとより、環境負荷軽減による水質改善と生物の多様性を図っています。


*第10回海フェスタ実行委員会事務局(男鹿市総務企画部 海フェスタ推進室)佐藤透 主幹(秋工出)
*〒010-0595 秋田県男鹿市船川港船川字泉台66-1
*TEL:0185-24-9155 FAX:0185-23-2424 E-mail:umifesta@city.oga.akita.jp



*パンフレット(クリック-->pdf表示-->pdfでの拡大は右クリックで)


 船木政秋氏 (秋田在住・秋田工OB)

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート

秋田市出身ソプラノ歌手鈴木貴子さんのチャリティーコンサートのお知らせです。

   2013年7月13日(土)
   秋田高陽教協会 (秋田市高陽青柳町)


むのたけじ講演会


日頃お世話になっているみなさん。
秋田ゆかりの皆さん  毎日のニュース、胸痛いものばかりです。なんか大自然の警告でしょうか。
あのわれらが大先輩むのたけじさんの98歳の叫び、励ましに耳をかたむけたいものです。 以前お願いしておりました、5・15むのたけじ講演会(主催首都圏秋田懇話会)の最終 よびかけチラシが完成いたしました。 
ぜひ参加のほどおねがいいたします。またHP,メール転送、拡散などのご協力もおねがいいたします。

 武内 暁
よびかけチラシ(pdf)

動画配信はこちら

首都圏の県出身者

京セラ創業者稲盛和夫さん秋田で講演

京セラ名誉会長で創業者の稲盛和夫さん(81歳)の「人は何のために生きるのか」と題した講演(約2時間)を聴くことができました。

稲垣会長が塾長を勤める秋田県内組織・経営塾「盛和塾」の秋田県内組織 ・「盛和塾秋田」(会員37名・・・中小企業社長主体)の主催。 中小企業経営者他 多数の秋田市民が参加しました。


半生を振り返り「どんな災難も試練として受け止めて、常に明るく前向きに努力を続けていけば、人生は必ず好転する」と強調しました。

2010年2月から3年間は、日本航空の会長(無報酬で受ける。家族・周りはすべて反対したとのこと) として 経営再建に従事。(当初はだれがしても再建は無理と言われていた) 日本経済再生のため、36,000人の 社員のため、 複数の大手航空会社が競うことが国民へのサービス 向上がはかられることなど、同社再建の意義を繰り返し説いた。 「社員たちは、再建は世のため、人のためでもあると理解し、協力するようになった」と述べました。

再建初年度1800億、2年目は2000億を超える過去最高の営業利益を達成することができました。 これは世界の大手航空会社の中で最高の収益であったばかりか、全世界の航空会社の利益合計のおよそ 半分に相当したとのことです。

「善きことを思い、善きことをすれば、運命はよき方向へ変わっていく」ということを証明する格好の 事例であることを説明しておりました。

(現在京セラの売り上げは約1兆3000億円+KDDI売り上げ約4兆円、経常利益は約6000億の会社を 創業して現在にいたる)


* 稲盛和夫さんは多くの人に聞いてもらいたいとのことです。(特に中小企業経営者に聞いてもらいたいとのことです) 
 当日の資料を送付しますのでよろしくお願いします。



講演 「人は何のために生きるのか」 (pdf)



秋田さきがけ記事(4月10日)




 船木政秋氏 (秋田在住・秋田工OB)

秋田出身の世界チャンピオン

秋田出身の世界チャンピオン、三浦は新王者、五十嵐は防衛ならず

2013年4月8日(月)両国国技館で秋田県出身の三浦隆司(28歳)=三種町ー金足農ー帝拳ジム=が王者メキシコのガマリエル・デイアス選手に勝って世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級の新王者に輝いた。
 一方フライ級世界王者で秋田県出身の五十嵐俊幸(29歳)=由利本荘市ー西目高―東農大出ー帝拳ジム=は日本人ボクサー五十嵐東に判定負けで王座を明け渡した。 

さきがけ on The Web

投稿  阿部信男

第35回全国高等学校柔道選手権大会応援のお礼

過日の第35回全国高等学校柔道選手権大会に際して、昨年と同じく、秋田ふるさと応 援団旗と並べて、本荘高校応援団の横断幕を張り出す事が叶い、特に20日の団体戦で は30〜40名のOB&OG、家族が一団となって声援出来たのは、大変、印象的でした。
秋田ふるさと応援団の熱い、継続的なご協力に対して、心からお礼申し上げます。
全国の壁は厚く、上位進出は叶いませんでしたが、小生も、後輩たちの必死に闘う姿 に感動した一人です。
遅くなりましたが19日の個人戦が終ってから、北の丸公園入口で皆で撮った写真を添 付します。
今後共、宜しく、お願い致します。

畑山 茂


世界らん展日本大賞2013

「世界らん展日本大賞2013」が、2月16日から24日まで東京ドームにて開催されました。
今年はガイド冊子によると3,000種、100,000株の蘭が出品されました。
大仙市の大曲農業高校が「四季繚蘭(りょうらん)」と題した展示を出品し、ディスプレー審査部門奨励賞を受賞しました。 大曲農高のディスプレーは、フジつるを時間内で組み立てる練習の様子などNHKBSでも紹介されました。
2月22日に東京ドームで実物を見て、一つ一つの蘭も見事でしたがディスプレーとしても高校生らしい若さも感じられた展示でした。

赤川均(東京秋工会)


秋田魁記事
大仙市の大曲農業高校が東京ドームで開かれている「世界らん展日本大賞2013」のディスプレー審査部門に出展し、奨励賞を受賞した。創立120周年を迎えた同校が記念事業の一環で参加。クラブ活動「生物工学部」の部員が飾り付けた。渡辺歩部長(16)は「賞を取れるとは思わなかった。うれしい」と話している。
 同校は2007年、2種類のコチョウランを交配して新種「ダイノードリーム」を育てるなどランの栽培に熱心に取り組んでいる。今回の出展に際しては、昨年春から自らの手で栽培したり、業者から調達したりして計約900鉢を用意。会場入りした13,14日にフジのつるで組んだ骨格に鉢をくぎで固定するなどして高さ5メートルの作品を仕上げ、15日に審査を受けた。
 「四季繚蘭(りょうらん)」と銘打って、鳥海山や雄物川、花火、竿燈などを表現して秋田をPRしている。

「四季繚蘭」(大曲農高)

稲穂を着色した花火 

白い胡蝶蘭はダイノードリーム

奨励賞




一般の展示

「秋田の雪祭りin有楽町」の報告

1月11日、「秋田の雪祭りin有楽町」のオープニングを見てきました。
有楽町駅前広場に「かまくら」と「いぬっこ」が出現、大勢のギャリーの前で、なまはげ太鼓や踊りが披露され、秋田の芸能文化をアピールしておりました。
 秋田から雪を大型ダンプ5台で運んで造ったようです。

三平会長

「国民文化祭」をテーマにした秋田文化会議「シンポジウム」のお知らせ

首都圏秋田県関係者の皆様 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また、日ごろ秋田の応援等に関しまして、ご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、2月25日(月)、「国民文化祭」をテーマにした秋田文化会議「シンポジウム」が開催されます。
西木様、浅利様、橋本様の世話人の皆様をはじめ、石川好様や銭谷館長様もご出席の予定でおります。
つきまして、会員の皆様に周知いただきますとともに、お知り合いをお誘いの上、多数ご参加いただきますよう、お願い申し上げます。
なお、事前申込み無くても参加できます。詳細は、添付のチラシをご覧いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

1 日 時 平成25年2月25日(月)18:00〜20:30
2 場 所 都道府県会館 1階「101号会議室」
3 参加費 2,000円(会場費、資料代)


秋田県東京事務所

なまはげ柴灯(せど)まつり

秋田事業所船木です。 「 第50回 男鹿なまはげ柴灯まつりが開催されます! (日経プラス1で全国第2位)」  を紹介します。

NIKKEIプラス1 何でもランキング「訪ねてみたい冬まつり」 なまはげ柴灯まつり 第2位にランクイン!!
 これから日本各地では冬祭りが本番を迎えます。日本経済新聞ではイベントの趣向をこらす「観光祭」から豊作を祈る祭礼まで、見ごたえのある冬祭りを専門家に選んでもらい、NIKKEIプラス1何でもランキング「訪れてみたい冬まつり」を発表しました。
 参考:日本経済新聞ホームページ
  そのなかで、男鹿の冬を代表する観光行事「なまはげ柴灯まつり」が見事全国第2位にランクインしました。
  今年で第50回を迎えるなまはげ柴灯まつりは平成25年2月8日金曜日から10日日曜日までの3日間に真山神社で
  開催されます。

まだ見ていない方はみちのく五大雪まつりの1つである「なまはげ柴灯まつり」を一度見ていただければと思います。


なまはげ柴灯まつりとは
  なまはげ柴灯まつりは、男鹿市北浦の真山神社で行われます。
  このまつりは神事「柴灯祭」と民俗行事「なまはげ」を組み合わせた冬の観光行事です。
  真山神社境内に焚き上げられた柴灯火のもとで繰り広げられる勇壮で迫力のあるなまはげの乱舞は観る人を魅了します。

  また、第50回記念行事として「なまはげ50匹勢揃い」が実施され、荘厳な姿を披露します。

開催概要
  1.開催月日  平成25年2月8日(金)・9日(土)・10日(日)
  2.開催時間  16:00〜20:30
  3.会  場  男鹿市北浦真山 真山神社、男鹿真山伝承館、なまはげ館


(*詳細は「なまはげ柴灯まつり案内」をご覧ください)

なまはげ柴灯まつり案内(1)

なまはげ柴灯まつり案内(2)

※みちのく五大雪まつり  なまはげ柴灯まつりはみちのく五大雪まつり推進協議会に加盟しています。
  「みちのく五大雪まつり」とは青森県八戸市の「八戸えんぶり」、青森県弘前市の「弘前城雪燈籠まつり」、
  岩手県雫石町の「いわて雪まつり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯まつり」、秋田県横手市の「横手か
  まくら」と北東北の冬を代表する五つのまつりです。



小松ひとみさん バスケット選手から自然派カメラマンへ 
ユニチカバスケットボール部。
日本のトッププレーヤーが集まるこのバスケットチームを引退して17年。
コートを全力疾走していた日々より、カメラを手に野山を歩く歳月の方がずっと長くなった。
膝の故障に苦しみながらも、バスケットボールを追いかけた選手時代。
ボールをカメラに持ち替えて、第二の人生が始まって現在にいたる。

バスケット選手からカメラマンとなった小松ひとみさんの半生を「大転身」という人も多い。しかし彼女は笑ってこう語る。
「転身した気がしないんです。バスケットを卒業して写真の道に進んだと思っているから。夢中になるとそればっかりで、行く先々でたくさんのすてきな人に会ってるし、不器用さも相変わらずで。」

小松ひとみさん写真

 
                                         
 船木政秋氏 (秋田在住・秋田工OB)

春高バレー応援報告

秋田ふるさと応援団と「なまはげ」ともに、1月5日さいたまスーパーアリーナ会場に春高バレー応援してきました。

男子1回戦は雄物川対 大塚(大阪)1セット21:25 2セット22:25と善戦したが敗れました。大塚高校は国体準優勝・現在準決勝進出強豪校でした。

女子1回戦 は由利対津商(三重)1セット23:25、2セット20:25 男子同様善戦したが敗れました。

終盤20点からの粘り強い戦いと戦略がいかに大切か、が課題です。技術的にあまり差がないと感じました。来年こそ敗戦を糧に頑張ってもらいたい。 

三平会長

秋田の雪祭りin有楽町

秋田ゆかりの皆様へ
 あけましておめでとうございます。
 郷土秋田は、例年になく雪の多い正月を迎えま した。毎日の暮らしの中で雪と戦うのは大変ですが、雪に負けないようがんばって 欲しいものです。
 さて、1月11日から13日にかけて有楽町駅前に、横手のかまくら、湯沢の犬っこが登 場するイベントが開催されます。(別添参照)
 なまはげ太鼓を始めとした各種ステージイベントが行われるほか、暖かい温かいき りたんぽや、横手焼きそば、その他物産販売もございます。
  皆様でぜひおでかけいただき、秋田の冬を少しでも感じ取っていただけたら幸で す。


秋田県東京事務所 企画政策課 あきた売り込み班 班長 太田政和

(別添)

大晦日なまはげツアーの案内


日頃お世話になっている皆さん。
秋田ゆかりの皆さん

  2014年秋田国民文化祭は全国から1カ月にわたり全国から県人口くらいの皆さんが参加いたします。この文化祭を、是非知ってもらい体験してもらおうと、まづ首都圏から地元の伝統の本物に挑戦とこの度、なまはげの本場、大晦日に訪れる別記のツアーを企画いたしました。  4割近くが集落でなまはげが出来ないでいる。住宅事情、後継者づくりの困難さなどあの大晦日のなまはげも厳しい状況です。

嵐やアイリスの過去のキャンペーンに続き、今首都圏のJRではスポット映像も流されています。  観光キャンペーンではなまはげは多く知られてます。 是非本物の大晦日、現場でなまはげ体験をしてみませんか? お忙しい、またなかなか年末家族行事など厳しい中、そして交通費の大変な中申し訳ありませんが、東京からは貸切バスで2泊でまた秋田からは1泊で2コースつくりました。

 どうぞお近くの方、まだ見たことのない方など冬本場男鹿のなまはげを体験してください。御案内いたします。参加者募集厳しくもう少しです。 御協力お願いいたします。  HPやSNSや各団体へのよびかけのご協力も是非お願致します。ありがとうございました。

 はたはた会、首都圏男鹿の会、秋田文化会議、秋田ふるさと応援団    武内

秋田魁記事

pdfチラシ

秋高連「24年度フェスタ」でエール

平成24年11月29日(木) アルカディア市ヶ谷にて24年度秋高連フェスタが開催されました。
秋田ゆかりの招待者50名と、県北地区 9校56名、県央16校 119名、県南地区 13校 98名の同窓会員が参加しました。

前回に続き、秋田ふるさと応援団から、今年の年末年始スポーツ全国大会に、秋田県代表として出場する高校紹介があり、全員拍手で各同窓会を通じて激励し、応援を呼びかけました。
 詳細は「秋田ふるさと応援団ニュースレター No.4」をご覧ください。

フェスタ会場

ふるさと応援団 三平会長

駅伝男子・女子 花輪

バスケット女子 湯沢翔北

バスケット男子 能代工

ラグビー 秋田工

バレーボール男子 雄物川

エール (応援団長 武田夏男氏)

秋田ふるさと応援団ニュースレター No.4


「応援たのむす年末・年始」  年末・年始全国大会スケジュール 2012年11月29日発行

ニュースレター No.4 ページ 1 (pdf) 

ニュースレター No.4 ページ 2 (pdf) 

映画「17才は一度だけ」特別鑑賞会(1日だけ)の案内

  • ”2014年国民文化祭あきた 応援企画”
  • 1964年東京オリンピック開催年に上映された
  • 50年前の懐かしい秋田が蘇る(撮影場所は秋田市と男鹿半島と東京)
  • 原作者の石坂洋次郎(青い山脈の作者)は秋田県の横手中学校(現横手高)と横手高等女学校(現横手城南)の元教師
  • 秋田を応援する首都圏文化会議の世話人である橋本五郎氏が上映後に特別講演
  • 開催日は2013年2月23日(土)午後1:30開場、午後2:00上映
  • 場所は豊島公会堂 みらい座いけぶくろ
  • チケット申し込みは 大山 雅義(秋田中央高OB)株式会社ヌーベル E−mail nouvelle@ever.ocn.ne.jp
  • 詳しくはチラシをご覧ください

  • 第91回全国高校サッカー選手権大会

    西目高校は12月31日14:10キックオフ、三ツ沢競技場で鳥取県代表の米子北と対戦する事が決まりました。

     秋田ふるさと応援団は13:30までに応援団の「のぼり旗」の前に集合して下さい。
     秋田ゆかりの皆さまも応援して下さい。

    全国大会組み合わせ 会場へのアクセス

    秋田公立美術大の新設が文科大臣の判断で覆る

    田中真紀子文部科学相が2013年度に新設を予定していた秋田公立美術大(秋田市)など3大学の新設を不認可とした。 来る11月14日東京・市谷で開催予定のけやき会(秋田市政情報交換会)で穂積市長が「承服できない」演説をする模様。

    秋田ふるさと応援団 阿部信男


    金足農高出身の石山泰稚投手がヤクルトから1位指名

    プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が25日、東京都内のホテルで開かれ、秋田県関係ではヤマハの石山泰稚投手(24)= 山王中 --> 金足農高 --> 東北福祉大出 がヤクルトの1位指名を受けた。入団する見込み。

     本県関係選手が指名を受けたのは、2010年に大原慎司投手(明秀学園日立高-->常磐大-->TDK)が横浜に5位指名されて以来、2年ぶり。逆指名、自由枠を含め、県出身のドラフト1位(1巡目)指名は8人目。

    秋田ふるさと応援団 阿部信男

    石山泰稚投手


    2012年度「秋田ふるさと応援団」例会会議録 (2012/10/17開催)

    秋田ふるさと応援団事務局 武内 暁、近江 彰

    若者の支援「あきた寺子屋」参加者募集

    故郷秋田の経済活性化の支援組織「秋田産業サポータクラブ企業振興育成WG」が、将来秋田に帰り企業を志している人への支援として、添付ファイルの通り「企業創造塾あきた寺子屋」を開 催致します。ご子息や親戚、知人などお心当たりの方におしらせして頂き、参加者募集にご協力頂きたく宜しくお願い申し上げます。

                                      東京秋工会副会長 
                                      秋田産業サポータクラブ企業振興育成WGメンバー
                                        加賀谷健治

    V7戦士震災チャリテーマッチ

    9月23日秩父宮ラグビー場において、ラグビー日本選手権7連覇と大震災を経験したことで共通点のある、新日鉄釜石OBと神戸製鋼OBによる V7戦士 震災チャリテーマッチを観戦してきました。

    終日大雨の下で約3000人が伝説のプレイヤーの熱い戦いに酔いました。 スローモーションラグビーでしたが相手を引き付けてのパス、ボールに飛び込む献身的なセービングに大きな歓声がわきました。 試合の結果は、赤いジャージーを釜石に譲り、ブルーのセカンドジャージーで戦った40代中心の神鋼が50代中心の釜石を30対4と圧倒しました。

    ノーサイド後「忘れないで震災」幕を掲げて選手がグラウンドを一周しました。
     釜石OB松尾雄治氏は「完全復興するまで頑張りたい」、神鋼OBの平尾誠二氏も「復興の機運が再び盛り上がればいい」と、関心が薄れようとしている被災地への思いを熱く呼びかけました。
     釜石OB桜庭吉彦氏(秋工OBキャップ43年卒)は震災への激励のお礼と、「久しぶりの神鋼OB元木由紀夫氏(キャップ79)との対戦か楽しかった」と語っておりました。
     震災で兄を無くした細川直文氏(秋工41年電気科卒)は特別な思いで試合に臨み、両チームの最年長(64歳)出場者として喝采を浴びました。

    なお、秋田県出身者は7名(石山次郎・釜石OB・能代工、高橋博行・秋田高専、細川直文・背番号11・秋工、泉秀仁・背番号7・秋工、相原卓也・秋工、桜庭吉彦・背番号18・秋工、児玉 敦・秋工)の出場でした。

    復興支援を目的としたチャリテイードリームマッチに平野達男・復興大臣も駆けつけました。吉永小百合さんからは メッセージが送られました。試合後に、出場した全メンバーがラグビー場の外に並んで被災地の支援を呼びかけると、大雨にも係わらず募金に協力し、サインを求めるフアンの 長蛇の列ができました。 

    記事・写真 三平会長

    首都圏大型キャンペーン

    首都圏秋田出身、秋田ゆかりの皆様
    時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また、日ごろ秋田の応援等に関 しまして ご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

    さて、県では、来年の「秋田デスティネーションキャンペーン」のプレイベントと して、 首都圏において9月以降、秋田の観光や食など、魅力を発信する行事やイベントを 展開すること としております。

    本日9月10日から、銀座四丁目交差点のサッポロ銀座ビルに巨大壁面広告を掲示 している ほか、9月29日と30日には、JR有楽町駅前広場において「ふるさと秋田まつ りin有楽町 2012」を開催いたします。当日は、特産品の販売や、なまはげ太鼓、願人踊 り、竿燈、秋田 美人百人によるステージイベントなども予定しております。

    そのほか首都圏各地域で別添のとおり多彩なイベントを実施しますので、ご家族 や知人の皆様に お声かけ頂き、是非おいで頂きますよう、お願いいたします。


                                        秋田県東京事務所

                                         03−5212−9115


    これまでの記録はこちら