戻る

NPO法人 秋田ふるさと応援団 記録、記事・写真投稿の紹介

12月14日(金)5時30分から、渋谷区神宮の水交会館に於いてNPO法人秋田ふるさと応援団忘年会を理事・会員32名の参加で開催しました。

秋田県民歌を上山紀子先生の指揮の下全員で斉唱しました。理事長挨拶で、第7回のチャリティーイベントのお礼と第8回(31年8月24日予定)開催の協力のお願いと、年末年始のスポーツで各学校の垣根を越える応援で、金足農業の旋風を再び、と呼びかけました。

特別ゲストとして、バイオリン奏者 松尾沙樹(聖霊学園出身)さんの演奏があり、曲目ではよく理解できなかったと思うが、皆さん真剣な眼差しで聞き入っておりました。いつもの忘年会の違った雰囲気でした。

写真・記事 三平理事長


平成30年年末年始スポーツ大会秋田県代表(18.12.)


[人星亭一門東京公演]ご案内 冒険家・阿部雅龍さん日本人初ルート南極点単独徒歩無補給到達応援

秋田ゆかりの皆さん、男鹿市の船木政秋です。

「[人星亭一門東京公演]ご案内 冒険家・阿部雅龍さん日本人初ルート南極点単独徒歩無補給到達応援」をご案内させていただきます。

私の友人である[人星亭一門]の人星亭喜楽駄天(天野康誠さん)からのご案内です。
男鹿のなまはげ行事がユネスコ無形文化遺産登録された事も大々的に宣伝します。東京近郊の方、見に来ていただきたいと思います。

秋田出身の夢を追う男・阿部雅龍さんが現在行っている日本人初ルート南極点単独徒歩無補給到達応援活動の一貫として彼の居住する板橋区で開催します。

阿部雅龍さんも人星亭一門のメンバーです。
 1989年にイタリア人登山家ラインホルト・メスナーがドイツ人冒険家アルブド・フックスと共に世界で初めて徒歩による南極点到達を成し遂げた際に使用したルートは「メスナールート」と呼ばれます。この日本人未踏破のメスナールートを使用して、単独無補給の南極点到達に挑戦します。

阿部雅龍は13年以上を冒険に費やし、挑み続けています。その目的の最終到達点は、100年前の探検家・白瀬矗(秋田県出身)が果たせなかった足跡をたどり、人類未踏ルートでの南極点を徒歩到達することです。今回のプロジェクトは、最終目的のための最も重要な挑戦です。

極地冒険家 阿部雅龍さん


 外部リンク:
  〇「人星亭一門」フェイスブック:
  〇冒険家・阿部雅龍さん日本人初ルート南極点:
  〇人力チャレンジ応援部冒険家・阿部雅龍さん:
  〇夢を追う男 阿部雅龍 -リキシャジャパントラバース:


秋田ゆかりの皆様 秋田県潟上市出身・冒険家・阿部雅龍さん[人星亭一門東京公演]の応援よろしくお願いいたします。

          以上

第20回 人星亭一門 演芸発表大会



第21回人星亭一門演芸発表大会


秋田県男鹿市 船木政秋

秋田ふるさと応援団・忘年会懇親会の開催について(通知)

*表示されない場合はこちらclick


秋田ふるさと応援団・29年度事業報告書が収受されました。

秋田ふるさと応援団・29年度事業報告書等が東京都生活文化局都民生活部管理法人課より、10月25日に収受されました。(提出書類 : 事業報告書・活動計算書・貸借対照表・財産目録・前事業年度の年間役員名簿・前事業年度末日における社員のうち10人以上の者の名簿) 

三平 理事長


浅利香津代の朗読教室と舞踊教室のお知らせ

2018年10月20日(土)、神田のふるさと館で浅利香津代の朗読教室を三平理事長、鈴木副理事長、阿部財務部長が受講しました。

今後の朗読教室と舞踊教室の開催予定日をお知らせいたします。

秋田ふるさと応援団の皆さん、受講してみませんか?

申し込み先 
   清香会   〒164-0012 東京都中野区本町1-25-15-302 あさり座内
         FAX 03(3378)7248

阿部 信男



理事会・総会を開催しました。

10月15日(土)東郷記念館「水交会館」において、午後1時~2時理事会・2時~4時総会・懇親会を開催しました。

総会は近江彰氏(雄物川高校)に司会を務めてもらいました。議長は大森素弘(秋田南)氏に議事の進行していただきました。本総会の資格要件正会員は、団体会員6個人会員76名正会員総数82名です。今回の出席者29名欠席者53名の内委任状提出者29名出席総数58名で出席率は70,7%となり総会が成立しまして、平成29年度通常総会議案書を報告と審議に入りました。

第1号議案 平成29年度事業報告、第2号議案 平成29年度収支計算書、第3号議案 平成29年度幹事監査報告書、第4号議案 平成30年度事業計画、第5号議案 平成30年度活動予算書を皆さんから異議なしで承認を得られました。

懇親会では、理事長から、第7回チャリテーイベントお礼の挨拶がありました。故伊藤晶のご冥福と、震災被害受けられた方々のお見舞いと、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし黙禱しました。

上山紀子様の伴奏の下で秋田県民歌(1、2番)を斉唱し、乾杯発声の横浜県人会横山房男氏が大変ユニークな挨拶で会場を盛り上げて頂きました。各皆さんからエピソードなど披露していただき、民謡・詩吟を吟じていただき親睦と交流が深められたことと思います。

手締めの挨拶を前秋高連会長の岸本六蔵氏にしていただき散会しました。

三平 俊悦 理事長



「秋田犬の命をつなぐ拠点」プロジェクト・クラウドファンディング

秋田犬の未来のために。クラウドファンディングにご協力してください。

三平 俊悦 理事長


詳しくはこちら

ハワイアン

先日のチャリテイに出演のハワイアンバンドの小針氏から、ハワイアンの動画を紹介いただきました。残暑厳しい中ハワイアンバンドで涼を感じてください。

YouTube

金足農業高校甲子園大会応援

8月18日(土)に東京秋工会会報発送後の慰労会において、近江戦をテレビ観戦応援し、劇的なスクイズのサヨナラ勝ちで盛り上がりました。

興奮冷めやらぬ状態で急遽、20日の羽田発1便で甲子園球場に駆けつけ、準決勝対日大三高戦を応援してきました。9時前に到着しましたが球場は満員でした。試合前からアルプス応援席が驚くほど金足農応援団で盛り上がっていました。

34年前準決勝でPL学園の桑田真澄氏に8回逆転ホームランを打たれ惜敗しましたが、その桑田氏が始球式で現役を思わせるしなやかなフォームで投球しました。吉田輝星投手は桑田氏の始球式になにを感じたでしょうか。何かの縁で勝てるような気がしました。

息詰まるような素晴らしい接戦に球場の7割方が金足農に応援しているように感じました。女子応援団や藤原正三氏(秋田ひぇばなの会元会長故金子信也氏の幸子夫人の義弟)が、全試合柔道着で熱心に学生と共に熱烈に応援しておりました。私も何度か甲子園球場に応援に行きましたが、こんなに熱狂的な応援は初めてです。

100回記念大会の勝ち試合に応援でき大満足して帰京しました。

21日の決勝戦は稲庭うどんの佐藤養助日比谷店に午後1時30分集合して秋田ふるさと応援団と一般お客さんが一緒になって、テレビ観戦応援しました。NHK・共同通信社・スポーツニッポン・日刊スポーツなど、多数のメディアが取材に訪れ金足農の戦う姿に感心を持たれました。私立大阪桐蔭エリート軍団に対し雑草軍団・県立金足農との戦いが大い話題になりました。

残念な結果にはなりましたが、100回記念大会にふさわしい最後まであきらめない秋田人の粘り強さが共感を呼びました。全国の農業学校・公立高校・農業に携わる皆さんの秋田人の星になられて感激と勇気をもらいました。感謝・感謝。 

写真・記事 秋田ふるさと応援団 理事長 三平 俊悦

準決勝戦応援・甲子園球場・2018年8月20日

決勝戦応援・佐藤養助日比谷店・2018年8月21日







これまでの記録はこちら

戻る