戻る

スポーツ祭東京2013開会式(東京国体)

第68回国民体育大会「スポーツ祭東京2013」の開会式が9月28日(土)調布市の味の素スタジアムに3万3千人が集い開催されました。 今回の国体は、大会開会式の式典テーマが「未来をひらく、スポーツのチカラ、 オリンピック・パラリンピックへつなげる火と光の祭典」となっているように、7年後の東京オリンピックを意識したものと言われており開会式式典もオリンピックと同じ17時からとなりました。「ふるさと47応援プロジェクト」として参加した若杉会や秋田ふるさと応援団など在京秋田県人関係者も多く出席し、スタンド席から声援を送りました。

開会前のスタンド

ナマハゲは人気で写真撮影を頼まれていました。

15時30分からオープニングプログラムが開始されました。音楽隊「SOKA RENAISSANCE VANGUARD」

フィールド司会者 松岡修造・木佐彩子

(公社)日本3B体操協会 東京都支部

ゆりーと音頭 東京都民踊連盟

町田市の特別支援学校「町田の丘学園」と卒業生らによるエイサーチーム「町田 遊星」、沖縄の 園田(そんだ)青年会と仲間たちによるエイサー。

東京都バトン協会

動画

猪瀬東京都知事

応援団パフォーマンス 日本体育大学

巨大文字の揮豪 堀越高等学校書道部

天皇・皇后両陛下

自衛隊ブルーインパルスがスタジアム上空を飛行

役員・選手団入場

スタンドからナマハゲも激励しました。

秋田県選手団入場

旗手は秋田工業高校ラグビー部主将 村井遥介選手

秋田県選手団が秋田の応援団に応えました。

最後は東京選手団

開会宣言

炬火走者ロンドンオリンピック金メダリストの松本薫選手

山本修平選手(自転車・高校3年)と、横打美鈴選手(障害者大会陸上)が、炬火台に点火

式典演技開始

式典演技 『未来からきた手紙』

空から舞い降りたポストマンが、スポーツの力が創り出す「誕生」「現在」「未来」を記した手紙を少年と少女に手渡す

演出・振付 近藤良平

スタジアムの天井に映し出された五輪マーク

エンディングプログラムは Every Little Thing によるコンサートなどが行われました。(写真撮影禁止の場内アナウンスがありました。)

写真・記事 ふるさと応援団 赤川 均 (東京秋工会)