戻る

第64回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー・1月5日・東京体育館)

秋田ふるさと応援団は、春の高校バレーボール大会に出場した高校男子秋田県代表雄物川高校チームを応援しました。 この日は女子の部に出場した秋田県代表由利高校に引き続いての応援となりました。
 雄物川高校は、17年連続17回目の出場です。昨年の大会では準決勝で敗れました。男子バレーボール全日本選手だった宇佐美大輔氏(秋田県雄物川町・現横手市出身)の父、宇佐美義和監督(前校長)が、17年連続県代表の全国強豪チームまで育てました。
 1回戦は、和歌山県開智高校との対戦。会場は東京体育館Cコートでした。 試合は、雄物川高校が終始リードし、第1セット25対14、第2セット25-15とこちらも女子の由利高校に続いて快勝しました。

赤川 均

超満員の東京体育館

雄物川高校応援団

試合前

対戦相手の開智高校応援団席

第1セット終了

隣のコートの女子は大接戦。

隣のコートは国学院栃木が第2セットは勝った。

雄物川マッチポイント

スパイクが決まった。

雄物川のストレート勝ち

東京体育館前広場。道路を隔ててJR中央線千駄ヶ谷駅。